上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪花の檻に囚われ
『雪花の檻に囚われ』 8/31発売
原作:真崎ひかる

<STORY>
話題の映画の主役に大抜擢された、新人俳優の貴一。
しかし、ロケ先である雪深いシベリアの地で貴一は遭難。
目覚めると、そこは1905年、日露戦争中……映画とまさに同じ時代だった。目覚めた先で貴一を待ち受けていたのは、氷の美貌を持つ貴族・ミハイルの監禁、そして陵辱……濃密な時が過ぎていく中、謎に包まれたベールが剥がれていく……

<出演>
喜一/緑川光     ミハイル/檜山修之
三上/伊藤健太郎   霧島/清水秀光
スタッフ/樋柴智康  父/松岡大介
兵士/出先拓也    兵士2/内匠靖明


個人感想:沒能聴到檜山さん的俄語實在是有些遺憾啊……很不錯的故事、悲劇大好!類似有點「前世今生」輪回的味道、恩恩;或者可以歸納為「我猜中了前頭、卻沒有猜中這結局」?擦汗。唯一的小遺憾是今生(暫且這麼区分吧)的喜一和ミハイル故事的承接和展開有些太速食了、應該多鋪墊一些情節再發展兩人的感情吧……不過因爲要把整個故事壓縮在一部1個小時多點的drama中、可能也會將情節刪減不少吧?而且男主角之一的ミハイル更是在劇中偏晩登場的、更是不足戯份了吧?猜測原作的話應該會有更多筆墨來描寫感情過渡・確認這一段吧?總之、邊想象雪白一片的俄羅斯異國場景邊感受帶有淡淡懸念的故事、很不錯~(笑)最後、那個<STORY>介紹裏的「監禁・陵辱」屁咧、根本沒有啦!不要做這種令人誤會的介紹、這是純愛故事!毆……

PS:對了、聴完drama可以打這個遊戲、噴……很可愛啊!基本兩者沒蝦米聯係、頂多就是雪orz
スポンサーサイト

コメント

コメントする










       

トラックバック

トラックバックURL
→http://honeytoclover.blog17.fc2.com/tb.php/285-9d626e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。